ゲージュツ的しつけ

フェレットのしつけが書いたゲージツ的なしつけ術の数々。メール→fererere25@gmail.com

好きなものに対する愛と不安と憎悪と喜びの中で揺れ動く不自然な感情に対するモニターと、競争を降りること。

 自分の中に競争心がある。嫉妬心の正体は、相手より一つでも上回った方がいいという考え方だと思った。

 自分の中にそういう観念がある限り、言うことは他人より有能に見えるように、歌は人よりも優れているように、書くことは少しでも自分が優秀に見えるように、他人との比較の中に、言葉を選ばずに言えば埋没してしまう気がする。

 それでは、コンテンツを受け取る方に満足や喜びや安心感、おもてなし的なこと、つまりホスピタリティを感じてもらうことはできないとそう思った。読んでいて元気が出るメディアを目指したい。そのためには自分が屈折せずに楽しむことができていないといけない気がする。競争心があり、他人より一歩でも前に進もうとしていると、その気持ちが自分を屈折させてしまう気がする。僕にとっては。

 世間には明るい話も少ない。自分が不安を感じているからかもしれないが、街中の人たちも、電車の中の人たちもなんとなく上の空で不安を感じているように感じる。

 今は明らかに非常事態だから常時と同じように過ごすことはできない。常時であまり役に立っていない人間だから、非常時でこそできることがあるのではと思う。少なくともここだけは明るいメディアでいたい。そういう気負いがロクな結果を生まなそうなのは分かる。これは不安な心情の吐露です。

 今までなんとなく新しい音楽を聴いたり新しい本を読んだり、新しく行動を取るのが苦手だった。そこには上手くいかなったらどうしようという不安があったのだけど、自分に失うものは元々無いのでそんな不安はすぐに消えた。それでもやっぱり億劫だったり面倒だって思ってしまう。逃避先の娯楽にだってあまりのめり込めないでいた。まず娯楽から逃避している時点で楽しめていないのだから、それもうなずける。

 この不安は、おそらく、自分の価値がないとわかったら嫌だという感覚なのかなと思う。他人の作品が優れていたり、アイデアが上手くいったりしたって、自分に悪い影響があるわけない。たとえ自分のコンテンツが劣っていたとしてもそれはあくまで比較の上でしかない。これは、同じ土俵の上でプロをライバル視することが身の程知らずだったと言いたいわけじゃない。健全なライバル視と不健全なライバル視があるということだ。いや、ライバル視なんかする必要は、本当はない。だって人が優れていることは自分にとってメリットしかないのだから。優れている人は喜びや満足を与えてくれる。いや、喜びや満足を与えてくれるから優れていると感じるのかもしれない。だとするなら自分が優れていないと感じるのは、自分が自分に喜びや満足を与えていないからかもしれない。

 競争に勝とうと思ったら二通りの方法がある。一つは相手より自分が良くなること、もう一つは自分の方が上だと思えるまで相手を貶めることだ。僕は往往にして後者を選ぶ。僕がライバル視している相手は(恥ずかしいことにプロの演奏家とか)相対的価値の上で素晴らしいわけじゃない。相対的にも素晴らしいけど必ず本人だけの魅力というか価値というか、言葉にできないけどなんかいい感じを持っている。それを上回ることは原理的に不可能だから、相手を自分の中で貶めるしかない。もしくは、見ないでいること。

 嫉妬心を感じるのは、自分が劣っていると感じるからだ。そして自分が劣っていると感じると傷つけられた気がして、相手を攻撃したり遠ざけたりしたくなる。しかしその人間が作るもの、やっていることは素晴らしく、愛してしまう。こうして才能に対する愛憎が生まれる。才能とは持って生まれたものではなくその人ができること全てを指す。

 自分が絶対的にどうしたいか、誰がどう思っているかではなく。そして相手より上にいたいという気持ちでなくコンテンツに触れること、自己啓発本みたいなことを言っている自覚がある。競争で勝つための自己啓発ではなく、競争を降りるための自己啓発がしたい。

 好きなものはどんどん増えていく。好きなものが増えるたびに、どうせ自分なんかって思う。それは決して悪いことではない。でもその競争心が猜疑や警戒を生む。猜疑や警戒はもっとリスクがあるところに向けたい。

 考えるとだんだんネガティブになるけど、簡単なことだ。競争から降りる。それが一番難しい。相手を認める、とかね。ひじょーに難しい。けれど穏やかに落ち着いて、自分の感情を感じる余裕があれば、いけるはずだ。この世の中で生きていく。自分なりに生き延びる。もっと抽象的なことを包摂するためにも、それはつまり芸術とか楽しみを感じるためにも、少しの余裕が必要だ。ぼくは大丈夫。そしてあなたも大丈夫。生き延びる。今日も来てくれてありがとうございます。