ゲージュツ的しつけ

フェレットのしつけが書いたゲージツ的なしつけ術の数々。メール→fererere25@gmail.com

2020 3月28日深夜の日記

 「予定は未定」が全てである。だからといって予定しないのもダメだ。予定に縛られすぎるのもダメ。予定とはめちゃくちゃ難しいものだから、予定の技術を磨く練習が必要だと思った。

 いろんなひとが言ってることが正しいのかもしれない。簡単なことだ。「ベストを尽くせ」ベストってなんだろう。

 自分で考えたことは大抵大したことじゃない。というか全部大したことない。なのに何かに気づいた気がするとき自分はすごいって思ったりするから、それが不思議だ。考えたことがすごい時なんてないと思う。行動に付随するんだ。こうやって言ってるのも不毛だ。言葉はしばしば不毛になると思った。この思いも多分大したことはない。人が言ってることだけ覚えておけばいい。

 自分の音とか自分の文章ってどこにあるんだろう。なんかこれじゃない気がするんだけど、僕は猜疑と否定の人だから、そしてその猜疑と否定がどうもクリエイトに繋がってない気がしているからあんまり違うっていうのとかいいっていうのを信用していない。これも猜疑と否定だけど、まあ考え続けてもメタゲームに埋没するだけだ。結局はゲームなのであんまり面白くない割に没頭してしまうから恐ろしい。没頭するってことはいいことなのかな?わかんない。

 Each timeって言葉が好きだと思った。言葉は日本語だけじゃなくて音もたくさんあって世界は面白い。

 多分良いとか悪いとかって考えることがあんまりホントウじゃないってことだろう。尺度で測らず、「自分ができることを、誰の真似でもなく全部出せたら、自分だけの音が発生する。」これがベストを尽くすってことかな?いや、ひとつのことばをほかのことばと繋げちゃうのが俺のよくない癖だ。そうすると尺度とか差とかネットワークが生まれちゃう。そうではないっていうことを言ってる言葉や音楽を聞いてるんだからそうではない方向で生きていよう。

 


 「自分ができることを、誰の真似でもなく全部出せたら、自分だけの音が発生する。」

 


「ギターの音は上手いとか下手とかじゃない。

単音でいかに自分の音をだせるかだけだと今頃ようやく気付く。」

 


 「自分のベストを尽くす。」

 


独立してる言葉はすべて美しいし力強い。

独立してる言葉が書きたい。

Pet sounds は最高。

空間の邪魔にならない音楽はいいな。空間に染み渡る感じ。やっぱりイヤホンとスピーカーじゃ大きく違う。イヤホンの方が脳を刺激するらしいけどスピーカーの方が絶対にいい。空間と音楽の関係がわかる気がして。まだちょっと暴力的な文章になっちゃうなあ。修行修行。