ゲージュツ的しつけ

フェレットのしつけが書いたゲージツ的なしつけ術の数々。メール→fererere25@gmail.com

僕にはいまのこの国が、本当によくわからない。

 コロナウイルスで人は死ぬ。経済を止めたら人は死ぬ。現政権は現在、人の命を守ろうという気が無いように見える。

 感染を止めるために自粛を呼びかけるのであれば、感染を止めるためにパチンコ店や東京マラソンだって止めたほうがいい。それが一貫した態度だと思うが、そうしない。

 自粛によりフリーランスの芸術家たちや、芸能人、芸人、中小企業、小売店の仕事がなくなり、経済的に困窮する人が増えている。

 感染者を増やさないのは死者を増やさないためでもある。だが、困窮したって人は死ぬ。人が死なないために自粛を要請するなら、人が死なないために生活の補償はするべきで、それが一貫した態度だと思うが、そうしない。 

 つまりこの国は現在とてもわかりやすい自己矛盾を抱えていて、それを平気で押し通そうとしている。

 この国はいま、ウイルスで死ぬ人間も、貧困で死ぬ人間もどちらも見捨てている。つまり現政権は命を軽んじている。

 一体何を考えているんだろう?怒っているのではなく単純に疑問だ。

 彼らの首はこの国とともにあって、つまり国民とともにあって、国民が飢えることが彼らが飢えることに繋がっているから、国民が死なないような政策をとることが為政者にとって合理的だと思うのだけれど、そういう合理性とは別の原理が働いているのだろうか?

 僕がもし王様だったら、和牛商品券を配ろうとしてる人がいたら止める。パチンコ店も止めるし、満員電車の改善に取り組むと思う。国民ができるだけたくさん生きていた方が自分が利益を得られるからだ。

 どう考えても普通じゃないけど、普通じゃないことがなぜか進んでる。普通じゃないとみんなが言ってるのに進んでいる。これは一体何なのだろう?

僕にはいまのこの国が、本当によくわからない。

 わからないけどとりあえず、命は大事にしなきゃいけないって小さい時に習わなかったのかなあ...?

 それとも命を分けて考えているのだろうか。ある部分で線引きして、僕たちの命は無視しても構わないものとして、投げ捨てるように扱われてるのだろうか?