ゲージュツ的しつけ

フェレットのしつけが書いたゲージツ的なしつけ術の数々。メール→fererere25@gmail.com

細胞と宇宙

緑色?いや、黄色だ。球体のようで、尖っていて、常に動き続けている。

エネルギーの塊なのか?動いている限りそれはエネルギーだ。

永遠に動き続けている。近づくたびに大きくなる。目の前をかすめて何処かへ行ってしまう。そしてまた戻ってきて遠ざかっていく。

太陽の子供なのかと思った。

モノクロの図形の集まりがある。縦に長いアーチ、正方形、まる、星、ひし形。その図形の集まりの上を白い輪郭のボールが跳ねている。ボールが上を通るとまるは動き、星は回転する。

アーチは静かに見守っていた。空には雲が出ていた。綺麗な青空だった。モノクロの青空だったのだ。

モノクロの世界は突然現れた青いセロファンのように輝くフラッシュによって終わりを迎えた。モノクロの終焉は突然だった。ヒビが入るように青色の金属質な光が空間を照らす。黄色のトゲトゲのエネルギーは振り子状に回転を続けていた。

砂があった。砂の上には金属的な深いブルーで染められたシェルターのような半円の立体物がある。

公園の遊具にも見えたし第一次世界大戦で使われた塹壕の末裔のようにも見えた。シェルターだと僕は思った。

シェルターの表面はクレーターのような穴が開いていて、登りやすい。上の方には梯子がつけられていて、中に入れるのかもしれないと思った。

シェルターの中はきっと真っ暗だろう。金属的な、機械的な、そして静的なこのシェルターの中にはきっとゾンビでもいるに違いないから僕はシェルターのはしごを登るのをやめてしまった。

アルファベットのEを反対にしたような形の真っ黒なフレームの中に空間が収まっている。空間の色は白で、いくつも重なったEの箱の中に空間はおさまっていたし、ぶら下がってもいた。

他者の声によって空間は揺れた。空間を区切る真っ黒も揺れた。

遠くを見た。人間の顔が近づいてくる。僕はそれをとてもシンボリックだと思ったし、ステレオタイプだと思ったから、目を瞑ることにしたのだ。

目を閉じた先の暗闇は無限に続く遊び場所だった。線が無限なのだ。白い線が全てを区切っているし、区切られた空間で遊ぶことができた。

ただ、一つだけ不満だったのは、区切られた瞬間に形が意味を持ってしまうことだった。僕の心象スケッチである暗闇は永遠にクラゲのように海をただよっていて欲しいのだ。永遠のクラゲ。

巨大なクラゲが水中を泳いでいる。真っ暗な水中の中に、メタリックな赤の鉱物が浮かんでいる。

クラゲを僕は見ている。クラゲの中には宇宙があった。

僕の脳を見ている僕の脳の中には僕の脳を見ている僕がいる。

世界は比喩だ。合わせ鏡に映った永遠の虚像だ。

僕はクラゲの中にいたし、クラゲは何も知らず海を泳いでいた。僕はクラゲを見ていた。全て僕の心象スケッチである。全ては本当のことだ。

ニューヨークの街を白い車が走っていく。

ドライブによく似合うエイトビートのリズムを白いステレオが鳴らしている。

腕まくりをした、細い、けれど筋肉のある白人が片手を窓の外に出したまま運転している。

車は、この文章を考えてる間に行ってしまった。街だけが残っていた。運動の中から取り残された。僕は幽霊だ。全ては僕の心象スケッチである。

水の中でバシャバシャに溶けている様々な組織液。

宇宙は頭のなかで膨張を続けていたから、赤児の頭蓋は開きやすい。

空気が花の色に染まる時午後は意味をなくしてアスファルトに寝転んでいた。

クレーターの上に月が乗っている。はるか彼方で地球は合わせ鏡の中だ。 ぼくは地球の猥褻な街でとてもカラフルだ。

涙が大きくズームされていき、水の中に巨大なクラゲが見える。

他者の声によって空間は歪んだ。

僕は幽霊だ。

アメーバの一生は思考で8割が終わる。

コートを着た青年が、街を歩いている。