ゲージュツ的しつけ

フェレットのしつけが書いたゲージツ的なしつけ術の数々。メール→fererere25@gmail.com

人間について考えると具合が悪くなる

人間について考えると具合が悪くなる会代表、フェレットのしつけです。皆さまどうぞよろしくお願いします。

  人間について考えたのが原因で体調を崩したこと、ありませんか?私はめちゃくちゃあります。

 あの子のことを考えれば胸は痛むし、嫌いなアイツを思い出してムカムカしたり、自分のことを考えてイライラしたり。

 かと思えば自慢したいことが出てきて、俺、俺、俺のスパイラルの最中で、謙虚なフリして「いえいえ私なんて...」ってつい言ってしまう。自慢をしても好かれないって知ってるけど、謙虚と自虐の区別がつかない。私はいつもそういう上手く行かなさを抱えながら話したり、考えたりしてます。生きづらい!

 そもそも「俺は」って話し始めたら自慢か自虐しか出てこないし、「アイツは/あの子は」って話し始めたら文句しか出てこないものです。つまり、人間を主語にして話すとあんまり良いことはないみたいです。

 ただ、この大きなな強制力を持つ主語に対抗している人たちもいて、自撮りをあげて自分かわいい〜!!って素直に自分を褒める人や、他の人最高〜!あの子かわいい〜って他人をめちゃくちゃ褒める人もいます。そういう人は最高です。強い。そうなりたい。

 でもやっぱり私は弱いので、主語の強制力につい負けてしまって、自虐とナルシズムの間を彷徨いながら、他人を無制限に批判する日々を過ごしがちです。結果的に具合が悪くなる。そんな経緯で、私は人間について考えると具合が悪くなる会を立ち上げました。嘘です。そんな会はありません。

 それはともかく、自虐と他虐とナルシズムのスパイラルを断ち切る方法を思いついたので書きます。答えは単純。人間について考えなければ良いのです。

 具体的には、人間を主語にしなければいい。俺は、とか彼は、とか全てやめる。代わりに山は、って主語なら平和。山に嫉妬することも腹がたつこともあんまりないので、心が穏やかになります。

 人間について考えない、おススメです。